Top > 注目 > 筋トレはスピーディーではなくてゆっくり行った方が良い

筋トレはスピーディーではなくてゆっくり行った方が良い

筋トレをするときには高速で行う人がいると思うのですが、できるだけゆっくりのペースで行った方が良いです。筋トレは辛いことなので、早く終わらせたいとか、早く多くの回数をこなしたいという思いがあるのではないか?と思います。例えば、腕立て伏せなどを素早い動きでやってしまう人がいると思いますけど、筋肉をよりつけたいのであれば、ゆっくりやった方が良いです。腕を動かすスピードをゆっくりにしていくことを意識してほしいと思います。スピーディーにやった30回よりもゆっくりとやった10回の方が効果が大きくなるということがあるのです。ゆっくりとやった方が筋肉への負荷が大きくなるので、筋トレの効果が大きくなるのです。だから、逆に言うと回数は少なくて構いません。腕立て伏せであれば、1日10回程度でもゆっくり行っていき、それを継続していければ、ちゃんと効果は出るはずですから。より効果の出やすい方法で筋トレを行っていけば必要な回数はどんどん減っていく傾向にもありますから、辛さも軽減する可能性があります。

BBB(トリプルビー)HMBの評判・口コミ!効果、副作用、成分は?

注目

関連エントリー
筋トレはスピーディーではなくてゆっくり行った方が良いマツコの知らない世界を見て私も番組に出たいと思った!債務整理をお考えのあなたに 過払い金返還請求はメール相談から始められます特注オーダー家具を検討衣替えしたらいらない洋服がいっぱい出てきた結婚式余興にサプライズを考えたい理由結婚式に出来るサプライズとして考えた事